女性が薄毛になる原因を徹底解明しよう|意外な落とし穴に要注意

婦人

規則正しい生活を

ブラシを持つ女性

1本1本が細くなった

雑誌やテレビで女性用のかつらの広告をよく目にします。それだけ薄毛に悩む女性が増えたということなのでしょう。男性に薄毛が多い原因の1つに、薄毛は男性に優性遺伝となるのに対して、女性には劣性となることがあげられます。また髪の毛には男性ホルモンが関係していて、男性の中でも男性ホルモンの分泌が旺盛な人は薄毛になりやすい傾向があります。男性ホルモンは髪の毛の元になる毛母細胞の活動を抑えたり、皮脂の分泌を活発にします。毛母細胞の活動が低下すれば髪の毛は成長しにくくなりますし、必要以上に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせて毛根に栄養が届かなくなり抜け毛が多くなります。つまり遺伝的に見ても生理学的な見地からも女性は本来薄毛になりにくいはずなのです。ではどうして薄毛に悩む女性が増えたのでしょう。女性の場合は髪の毛の本数が減るというよりは、1本1本が細くなるためと考えられます。

刺激になるものを避ける

女性の社会進出にともない、本人はそれほど意識しなくても女性の身体は大きなストレスを感じ、自律神経はダメージを受けています。その影響で毛細血管が細くなり血流が悪くなって毛根が栄養不足を起こし、その結果薄毛になります。また過度なダイエットや偏食も栄養不足を引き起こします。1日30品目を目安に色々な食材をバランス良く食べることが何より大切です。その上で規則正しい生活を送り、睡眠不足にならないように気をつけ、無理なブラッシングや紫外線、急激な温度変化など髪の毛に刺激になるものをなるべく避ける生活をしましょう。また頭皮を清潔に保つことも大切です。毛根についた汚れや皮脂をしっかりと落としてこそ栄養の吸収がスムーズに行われるようになります。意外な落とし穴に要注意しましょう。

婦人

薬を飲む治療法が主流です

大阪のAGAクリニックで行われている代表的な治療法は、プロペシアを飲む方法といえるでしょう。また、プロペシアを飲むAGA治療は、最低でも半年以上の期間継続する必要があります。

鏡を見るレディ

原因を追究して対策する

ヘアケアする際に必要な事は、自分の薄毛や抜け毛の原因を知る事が大切です。ですので、生活習慣を改善したり、食べ物を変えたりする事も大切になるので注意するといいでしょう。

悩む女の人

抜け毛に悩んでいる方へ

薄毛の原因は個人によって非常に異なり、進行具合も様々です。ただし、いずれの薄毛においても初期で原因を病院などで探して、適切な治療を受けると改善することができるでしょう。